急ぎでお金を借りる時

お金を借りる場合、どうしても急ぎで借りたい人が居ますよね
それはギャンブルや浪費癖に限らず、その人の人間性と生活の計画性にも関わっていると思います

 

では、どのような時や人がお金を借りる時に急ぎで借りるのかを挙げてみました

 

お金がいつも足りなくなって怒られる

 

貯金が無い人・計画性の無い人・アクシデント・借金がある人などです

 

貯金が無い人は何かあった時の蓄えがなので、直ぐにでもお金が必要になった時に
借りる事に目が行きがちになってしまいます

 

計画性の無い人と共通する点でもありますが、例えば一か月に自分が必要なお金と収入は
最低限把握しておく必要があります

 

貯金も計画性も無いと、とにかく急いで準備しなければならないという
お金を借りる事態にばかり陥って悪循環です

 

毎月少しでもいいので貯金できるように心がけていく事も大切ですね

 

事故や病気アクシデントに遭遇した場合、事故の場合ですと保険に加入していない場合と
加入している場合とでは大きく自己負担金額が違います

 

病気の場合は高額医療控除ができる場合もありますが、保険に加入してない場合は
自己負担で入院医療費を払わなければなりません

 

その時に一時的でもまとまったお金が必要となるとお金を借りる事になります

 

そして一番危険なのは借金がある人です
借金を返すために再度お金を借りるというのが一番悪いパターンです

 

急ぎで高額な融資を受けた分、返済も大変だという事を念頭に置き
返済計画を立ててから融資を受けるように心がけてもらいたいです